国外で卵子提供を受ける

卵子提供は国内と国外で受けられる

子供を生みたいけれど、事情により埋めなくて困っているという方は沢山います。そして、困っている方にとって希望の光となっている技術が卵子提供です。卵子提供を受けることで、子供を授かることが出来ます。また、費用については一回あたり二百万円から五百万円が相場で、卵子提供を受けるために国外へ渡っている方も多いです。
ちなみに、卵子提供は国外に行かなければ絶対受けられないというわけではなく、日本でも受けられる方法はあります。卵子提供ガイドラインというものがあり、そのガイドラインの要件を満たす必要があります。
これから卵子提供を受けたいと思っている方は、国内と国外で受ける方法の価格やメリットやデメリットを比較して利用しましょう。

国外なら日本と比べレシピエントの条件違ってくる

日本で卵子提供を受ける場合は、厳密なレシピエントの条件があります。しかし、国外なら、国によっては条件が緩い所もあり、国内で受けられなかった人も受けられたりします。日本国内で出来なかった方は、国外で受けられないか検討してみましょう。
また、国によっては卵子提供サービスを運営しているところが国営の所もあります。国が運営しているところなら、安全性や信頼性も高いので、利用される方は国別の運営団体も見ていくのがポイントです。
ただ、日本とは違って、出自を知る権利など認めていない国もありますので、その点は注意が必要です。国外で受ける卵子提供は、日本より受けやすかったりしますが、その反面、日本との違いも多々あります。